予防歯科

予防歯科の重要性

あなたは歯医者と聞くと、「痛みが出てから行くところ」と言ったイメージを持ってはいないでしょうか?

しかし、痛みが出てからでは治療時の痛みもさらに増え、治療期間も当然長くなります。

また、症状がさらに悪化すれば、結果的に患者様の負担は増える一方でしょう。

一方、痛みが出る前に自宅や歯科医院でしっかりとケアをしていれば、治療の必要性さえありません。

仮に症状が出てしまったとしても、治療時には痛みを最小限に抑えることができ、早期発見によって治療を最短で終えることも可能です。

このように、日々のお口のケアは患者様自身の負担を避けるためにも、予防歯科は他のどの歯科治療よりも重要な分野と言えるのです。

大東にし歯科医院 予防歯科

スウェーデンの事例から見る定期的ケアの必要性

大東にし歯科医院 予防歯科

現在、80歳以上の日本人の平均残存歯数はわずか6.8本という調査結果が出ています。

一方、予防歯科の進むスウェーデンでは80歳以上の平均残存歯は20本以上という結果に。

両者に大きな差があることは明らかでしょう。

この違いは一体なぜ生まれるのかというと、その答えは日本とスウェーデンの予防意識の差にあります。

長崎大学が世界各国で行った調査によると、スウェーデンで定期的に歯科検診・クリーニングを受けている人の割合はおよそ90%以上であり、日本の2%という結果と比べても極端に差があることが判明しています。

こうした調査結果から分かるのは、「しっかりとした予防を行うことで将来に残せる歯の本数は増やしていくことができる」ということです。

当院では、患者様の口内環境を良好な状態に整える“予防歯科”を最も重要な分野ととらえ、予防プログラムの推進とお口のトータルケアをご提供しています。

ホームケアとプロフェッショナルケア

生涯自分の健康な歯を守っていくためにも、皆さんが自宅で日々行うお口のケア(ホームケア)と歯科医院で定期的に行う予防管理(プロフェッショナルケア)が重要となります。

自宅での正しい予防方法(ホームケア)

大東にし歯科医院 自宅での正しい予防方法(ホームケア)

ホームケアはご自宅で毎日行う歯磨きや食生活のことであり、正しいブラッシング法や適切な食生活によって良好な口内環境を維持します。

虫歯・歯周病予防で大切なことはプラークコントロールです。

プラーク(歯垢)とは細菌の塊のことで、それをコントロールする鍵となるのがブラッシングです。ブラッシングは、長く続けることが大切です。

すぐに効果が出るわけではありませんが、 長い目でコツコツと行うことで、必ず歯を長持ちさせることになります。医院にて歯磨きのアドバイスを受け、正しいブラッシングを身に付けてください。

  • 歯ブラシの毛先を磨くポイントにしっかりとあてます。
  • 力を入れすぎず、軽く磨きましょう。
  • 歯ブラシは細かく動かします。
  • 1ヶ所あたり10回~20回程度、磨いてください。

歯科医院での定期的な予防管理(プロフェッショナルケア)

1PMTC

PMTC(歯の専門家によるお口のクリーニング)は、ブラッシングで行き届きにくい場所に付着した歯垢や歯石を取り除き、お口の中を清潔に保ちます。
また、最後にフッ素塗布を行うことで歯をコーティングし、虫歯から歯を保護します。

2正しいブラッシング方法の指導

歯科衛生士が患者様のお口の状態に合った最適なブラッシング方法を指導し、一緒に練習します。

ご予約・お問い合わせ
24時間受付!!


お気軽にお問い合わせください
WEB予約は24時間OK!!

お電話でのお問い合わせはこちらからお願いします!!