歯周病治療

歯周病とは、バイオフィルム(お口の中の歯周病菌)によって歯を支える歯茎や骨(歯槽骨)などの歯周組織が破壊されていく病気を意味します。

初期段階では痛みはありませんが、放置すると歯肉溝はどんどんと深くなり、歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯がグラついてきます。

そして最悪の場合、抜歯が必要となります。歯周病は、歯を失う最も大きな原因なのです。

大東にし歯科医院 歯周病

歯周病と全身疾患との関係

大東にし歯科医院 歯周病と全身疾患との関係

歯周病は初期の段階では自覚症状がありませんので、気づかれずに見過ごされる場合があります。

そして気づいた時には症状がひどく進行してしまっている危険もある厄介な病気のため、「サイレント・アーミー(沈黙の病気)」と呼ばれるようになったのです。

さらに、歯周病は歯肉が侵食されていくだけでなく、全身疾患の引き金となることも明らかになっています。

次の全身疾患は歯周病と深い関係性にある病気です。

糖尿病

歯周病と糖尿病は相互に悪影響を与え合っていることが明らかになっています。

これまで歯周病は糖尿病の合併症の一つと考えられてきましたが、近年では「歯周病が糖尿病を悪化させている」という逆の関係性も見えてきたのです。

ただし、これは同時に歯周病を治療することによって糖尿病を改善することができるという事実も意味しています。

両方の症状に悩まされている方は早期の歯周病治療が望しいでしょう。

低体重児早産

大東にし歯科医院 低体重児早産

一般に、妊婦さんは女性ホルモンの働きによって口内環境が不安定になりやすい特徴を持っています。

例えば、妊娠期の女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、歯周病菌の増殖を促す働きや、歯周組織を侵食する働きがあります。

エストロゲンは妊娠終期には月経時の10~30倍生成されるため、妊婦さんは歯肉炎にかかりやすいのです。

さらに、妊婦さんが歯周病にかかると、低体重児早産の危険性が高くなることも明らかになっています。妊娠中は特に注意を払い、プラークコントロールを行いましょう。

心臓・脳血管疾患

大東にし歯科医院 心臓・脳血管疾患

歯周病は心筋梗塞や脳梗塞などの「動脈疾患」とも深い関係性にあります。

動脈疾患は、血管内のプラーク(脂肪性沈着物)が蓄積されることによって血管が塞がり、血液供給が不足したり、血管が破裂してしまうことで起こります。

一方、歯周病を引き起こす歯周病菌は動脈硬化物質を生成し、口の中のわずかな傷などから体内に侵入し、血管内にプラークを発生させて血液の通り道を狭くするのです。動脈疾患予防のためにも、早期の歯周病対策が大切です。

誤嚥性(ごえんせい)肺炎

大東にし歯科医院 誤嚥性(ごえんせい)肺炎

誤嚥性肺炎とは、食べ物などの異物が誤って肺に入り込んでしまうことで引き起こされる肺の炎症です。

一般的に、肺には咳をすることで異物が入らないように守る機能があります。

しかし、加齢に伴ってこうした機能は徐々に衰えていき、食べ物などと一緒にお口の中の細菌が肺の中へ入ってしまうことがあります。

肺の炎症を引き起こす主な原因は歯周病菌であると考えられています。

こうした病気の発症を未然に防ぐためにも歯周病の予防・治療が重要となります。

当院での歯周病治療の流れ

当院では歯周病治療の際、はじめに歯周ポケットの測定や歯肉からの出血、虫歯の状況などを確認し、レントゲンの撮影を行います。

出血などの症状がひどい場合には止血などの緊急処置を行う場合もあります。 多角的な審査・診断から今後の治療方針を決め、患者様へ丁寧にご説明いたします。

当院では主に次の3つの方法によって歯周病治療を行います。

1 プラークコントロール
大東にし歯科医院 プラークコントロール

プラークコントロールは歯周病のもっとも基本的な治療法です。病気を発症させる元となる口内の有害プラークを除去することでお口の中に無害な細菌グループが支配的になる環境を整えます。

まずは、歯垢や歯石を取り除くお口のクリーニングから。そして、初期の治療で取り切れなかった歯周ポケット内の歯石を除去していきます。

歯周ポケットの非常に深い部分に付着した歯石は、歯茎の切開などによって取り除く必要があります。

2 スケーリング

歯周ポケット縁上縁下の歯石除去を行います。根面の壊死セメント質(歯根の表層)や軟化象牙質の除去を行う「ルートプレーニング」、感染しているセメント質のみ除去してきれいなセメント質は残す「デブライトメント」などの治療法があります。

3 必要な場合は歯周外科手術

歯周ポケット奥に歯石が入り込んでいて、症状も完治していない場合には歯肉の切開を伴う外科的治療(フラップ手術)を行うことがあります。

この時、歯茎にメスを入れる目的には (1) 深い歯周ポケット内部の清掃、(2) 破壊された骨や歯肉の形の改善、(3) 再発予防のための歯肉の改善 などが挙げられます。

歯周病を予防するには日々のお口の健康管理が重要

進行した歯周病の治療にはある程度の期間が必要になりますが、歯肉炎の段階(歯肉が炎症を起こしている状態)では定期的なメンテナンスによって状態を改善することができます。

症状がある程度進行している場合は、出来るだけ早めに診察を受け、早期に治療することが大切です。

歯周病は自覚症状の少ない病気のため、心配な方は一度当院で検査を受け、自身のお口の状態をチェックしてみると良いでしょう。

大東にし歯科医院 健康管理

ご予約・お問い合わせ
24時間受付!!


お気軽にお問い合わせください
WEB予約は24時間OK!!

お電話でのお問い合わせはこちらからお願いします!!