歯科口腔外科

抜歯について

当院では、お子様からご高齢の方までの抜歯を行っております。特にご高齢の患者様は高血圧や糖尿病、骨粗しょう症などの慢性的な病気をお持ちの方が多く、服用中の薬が抜歯に影響を及ぼす場合があります。

状態によってはすぐの抜歯が困難なことがあるため、十分な注意を払って抜歯を行います。こちらでは抜歯の手順から、重要なポイントをご説明します。

大東にし歯科医院 歯科口腔外科

抜歯の流れ

Step 1

レントゲンで血管や神経の位置を確認

抜歯を始める前に、レントゲンを撮影して血管や神経の位置や親知らずの根の状態を確認します。

歯の状態を事前に把握してから抜歯治療を行うことで安全性を最優先に考慮します。

抜歯する歯が顎を通る神経に近かったり、骨に深く埋まって抜歯が困難である場合などは抜歯専門の病院へご紹介いたします。

大東にし歯科医院 抜歯の流れ1

Step 2

表面麻酔と注射麻酔で痛みを最小限に抑える

歯を抜く前に麻酔を施します。医科の麻酔と比べて、歯科の麻酔は敏感な歯茎に圧を加えて行うため、より痛みを伴いやすい傾向にあります。

そのため、はじめに表面麻酔を施したのちに注射麻酔を行うことで、麻酔による痛みを最小限に抑えます。

注射麻酔に関して、極細針での麻酔をご希望の方は事前にお申し付けください。

大東にし歯科医院 抜歯の流れ2

Step 3

抜歯を開始

歯と骨の間には、歯根膜(しこんまく)と呼ばれるクッションのようなものが存在します。

抜歯する際には専用の器具を使用して、抜歯する歯をこのクッションから引き離します。

基本的に、麻酔が効いているため痛みはあまりありません。

ただし、もし痛みが出る場合には合図をしていただきます。合図があった場合は麻酔を追加します。

大東にし歯科医院 抜歯の流れ3

Step 4

糸で縫って傷口を小さくする

歯を抜いた後は穴が開いた状態となるため、その部分に血液が溜まります。

これにより、かさぶたが形成されて歯茎が徐々に盛り上がってきます。

この時、かさぶたが形成されやすいように穴に止血用のスポンジを入れたり、傷口を縫って小さくする場合があります。

麻酔の持続時間はおよそ1~3時間のため、痛みが心配な方は麻酔が切れる前に痛み止めを飲みましょう。

大東にし歯科医院 抜歯の流れ4

Step 5

ガーゼで圧迫止血する

出血を早く止めるためにガーゼで圧迫止血をし、腫れや痛みを最小限に抑えます。

この時、かさぶたが早く出来るように30〜60分ほどガーゼを強く噛んでもらい、止血を行います。

血液をサラサラにする薬を飲んでいる方は血が止まりにくいため、長めにガーゼを噛むように注意していただきます。

大東にし歯科医院 抜歯の流れ5

Step 6

翌日の消毒

抜歯の翌日、出血や感染がないかを確認したあと、消毒を行います。

薬は痛みや腫れの状態によって変更したり、増やしたりすることで早く回復するように調整します。

大東にし歯科医院 抜歯の流れ6

Step 7

1週間後に糸を取る

抜歯から1週間ほど経つと、親知らずを抜いた傷口が塞がってくるため糸を取ります。

その後、3~4週間で傷口は完全に塞がり、骨は3~6か月程度で回復します。

回復には個人差があるため、患者様のお口の状態によって期間がズレる場合があります。

大東にし歯科医院 抜歯の流れ7

ドライソケットになった場合の対処法

ドライソケットとは、抜歯した穴に形成され始めた血液のかたまりが強いうがいなどによって流れてしまい、かさぶたが形成されずに骨が露出してしまっている状態を意味します。

抜歯後1週間が経過したタイミングで痛みが激しい場合は、ドライソケットを疑った方が良いでしょう。

ドライソケットになっている場合は、薬を飲んで経過を観察するか、麻酔をして意図的に出血させ、かさぶたを作りなおす処置を行います。

大東にし歯科医院 ドライソケット

ご予約・お問い合わせ
24時間受付!!


お気軽にお問い合わせください
WEB予約は24時間OK!!

お電話でのお問い合わせはこちらからお願いします!!