小児歯科

乳歯を虫歯から守るためには予防が大切

乳歯はいずれ成長する中で永久歯へと生え替わっていきますが、だからと言って虫歯になっても大丈夫、と言う訳では決してありません。乳歯の頃の虫歯は将来の歯並びや永久歯の健康に大きく影響を与えるのです。

お子様の歯を虫歯から守るには、予防が何より大切です。当院では、予防に重点を置いた診療システムを活用し、お子様の歯が虫歯にならないようお口の健康管理のお手伝いをしております。

大東にし歯科医院 小児歯科

乳歯と永久歯の特徴の違いとは?

お子様の乳歯はその性質上、とてもデリケートな特徴を持っています。
そのため、乳歯は永久歯と比べて・・・

  • 歯のエナメル質や象牙質が薄いため、虫歯になりやすい特徴があります。
  • 虫歯の進行も早くなります。
  • 歯随(歯の神経) の占める割合が大きいため、虫歯になると歯随を傷めてしまう可能性が高くなってしまいます。

こうした特徴から、乳歯を虫歯にしないためには、ご家庭での慎重なケアと歯科医院での定期的なメンテナンスが重要となるのです。

お子様の歯が永久歯へ生え変わるまで

大東にし歯科医院 乳歯と永久歯の特徴の違いとは?

一般的に、お子様の乳歯は生後6ヶ月ごろに初めて生え始め、3歳になる頃にはほぼ全ての乳歯(全部で20本)が生え揃います。

ただし、成長には個人差があるため、多少時期がずれても心配する必要はありません。
その後、お子様の歯は4〜6ヶ月で石灰化を始め、顎の骨もみるみる発達していきます。

乳歯が永久歯へと生え替わり始めるのも、この時期でしょう。
お子様が6歳になると、アゴの一番奥から「6歳臼歯」と呼ばれる永久歯が生えてきます。

この歯は永久歯の中でも最も大きく、噛む力も強いことが特徴と言えます。ただし、6歳臼歯は乳歯の奥から生えてくるため、ブラッシングが不十分になりがちです。

また、他の永久歯のように歯が抜けたところから生えてくるわけではないため、親御さんに気づかないことも多くあります。

これらの特徴から、6歳臼歯は永久歯の中でも最も虫歯になりやすいのです。
6歳臼歯を虫歯にしないためにも、ご自宅での管理と歯科医院でも検診を積極的に行っていきましょう。

POINT

子供の歯を守るには、親御さん自身の『予防』が大切!!

ご存知でしょうか?生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、実は虫歯菌は存在しません。虫歯は感染症の一種のため、感染しなければ虫歯になることはないのです。しかし、普段の生活での何気ない行動によって、赤ちゃんのお口に虫歯菌が感染していくと言われています。赤ちゃんへ虫歯菌が移る経路には、例えば次のようなものがあります。

・ キスやくしゃみ
・ 食べ物や飲み物の口移し
・ スプーンやお箸の共有
・ 虫歯菌を持った子供の舐めたオモチャなど舐める など

ご覧の通り、ほとんどは赤ちゃんの周りにいる「大人のお口」から虫歯菌が感染していることが良く分かります。特に、赤ちゃんと一緒に過ごす時間が多い「お母さん」は要注意です。
こうした理由から、赤ちゃんへ虫歯菌を移す量を最小限に抑えるためにも、親御さんのお口の衛生管理が何より重要となるのです。「子どもが予防歯科に通っているから大丈夫」と思わず、お母さんもきちんと予防歯科に通って虫歯予防の処置を受けましょう。
当院ではご予約時にお申し付けいただければ、お母さん・お父さんの診療中にお子様をお預かりすることもできます。お子さまとご一緒に、ぜひ当院へご来院ください。

当院で行うお子様の虫歯予防

フッ素塗布

お子様の虫歯予防にはフッ素が有効です。お口の中のプラークをきれいに取り除いてから、歯面に直接フッ化物を塗布します。フッ素には虫歯菌の作り出す酸の量を減らし、歯の再石灰化を促進する効果があります。通常、3~6ヶ月の間隔で定期的に塗布すると効果的です。

シーラント

シーラントとは、虫歯になりやすいお子様の奥歯の溝に埋めて保護するための合成樹脂(虫歯治療に用いられるものと同じもの)です。お子様の奥歯は磨き残しができやすく、細菌や食べかすが溜まりやすい特徴があります。特に生えたばかりの永久歯は虫歯になりやすいため、シーラントで保護して予防に繋げます。

ご予約・お問い合わせ
24時間受付!!


お気軽にお問い合わせください
WEB予約は24時間OK!!

お電話でのお問い合わせはこちらからお願いします!!