抜けた歯を入れるための入れ歯・ブリッジ

当院は辺境の地にあるためか、開院以来大変多くの入れ歯治療を行ってきました。
特に難しいと言われる片側の部分義歯、また、下の総入れ歯の安定には一家言持っております。

入れ歯が合わなくてお困りの方、義歯は経験が物をいう世界です。
是非入れ歯でお困りの方は当院のご相談くださいませ。

入れ歯の種類(部分入れ歯・総入れ歯)

部分入れ歯とは

部分入れ歯とは、歯が一部欠損した部位に装着する取り外し式の入れ歯です。
部分入れ歯では、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯に金属のバネ(クラスプ)をかけて安定させます。

特徴

  • 1. 保険適用で受診可能です。(保険適用外の部分入れ歯もあります)
  • 2. ブリッジのように大きく歯を削ることがありません。
  • 3. 日々のメンテナンスが必要です。
  • 4. 金属のバネで固定し入れ歯の床があるため、異物感がややあり、外見上目立ちやすいです。
  • 5. 固定する際に土台となる歯に負担がかかり、健康な歯の寿命を縮める可能性があります。

総入れ歯とは

総入れ歯は、歯が1本も残っていない場合に適用する取り外し式の入れ歯です。

特徴

  • 1. 保険適用で受診できます。(保険適用外の総入れ歯もあります)
  • 2. 日々のメンテナンスが必要です。
  • 3. 入れ歯を固定する歯がないため、不安定になることがあります。

当院で扱う入れ歯に用いる素材(材料)

入れ歯は主に粘膜に接する床の部分(レジン床や金属床など)と人工歯(レジン歯、硬質レジン歯・陶歯など)、また入れ歯を残った歯にひっかけるためのバネ(金属バネ・金属ではない見えにくいバネなど)で構成されています。

組み合わせによっては、違和感が少なく安定性耐久性に優れ、審美的にも優れた義歯が出来上がります。患者様のご希望やお口の状態により、どのような義歯が良いかをご提案いたします。

レジン床義歯とは

レジン床義歯とは入れ歯の床の部分がレジン(合成樹脂)で作られた入れ歯です。

特徴

  • 1. 保険適用のため安価で作製することが可能です
  • 2. 厚みがあり、装着時に違和感が出ることがあります。
  • 3. 飲食物の熱は伝わりづらく、耐久性があまり強くありません。

金属床義歯

金属床義歯とは、入れ歯の床の部分が金属で出来ている入れ歯です。
こちらではチタン床と区別していますが、コバルトクロム合金を使用したフレームの義歯をさします。

また滅多に出ませんが、ご希望により金合金、白金加金合金も使用できます。
下顎の総義歯は金合金が最も良いとされています。

特徴

  • 1. 金属床義歯は保険適用外の入れ歯です。
  • 2. 金属床義歯は薄くすることができるため、異物感が軽減されます。また設計の自由度が高いです。
  • 3. 熱を伝えやすいため、食事の温かさや冷たさを感じることができます。
  • 4. チタン床に比べ、重くやや厚くなりますがやや廉価です。

チタン床義歯

チタン床義歯は、生体親和性に優れた金属であるチタンを使用した入れ歯です。
薄く軽く装着感は抜群ですが、脆く細かいところが割れやすい欠点があります。
当院ではこの欠点を克服しコバルトクロム床では味わえない入れ心地を実現しました。

特徴

  • 1. チタンは丈夫で軽いメリットがあります。
  • 2. 適度に熱を伝えるので、食事の際に温かさや冷たさを感じることができます。
  • 3. チタンは金属イオンの溶出を防ぐため、金属アレルギーの心配がほとんどありません。
  • 4. 工作のし難い素材のためやや高価になります。
  • 5. チタン床義歯は保険適用外の入れ歯です。

スマイルデンチャー®

スマイルデンチャーは、隣の歯に固定するための金属のバネ(クラスプ)の無い入れ歯です。
歯ぐきに近い透明感のある色の素材をフックにして固定するため、入れ歯をしていると気づかれにくいメリットがあります。

特徴

  • 1. 固定金具(金属クラスプ)を使用しないため、歯茎へのフィット感や舌触りが良く快適です。
  • 2. 薄いので会話はしやすいです。
  • 3. 金属レストや金属床との併用で複雑な症例に対応できます。
  • 4. スマイルデンチャーは保険適用外の入れ歯です。

固定式ブリッジ

入れ歯のほかに、失った歯を代替する治療法として「ブリッジ治療」があります。
ブリッジとは、失った歯の左右に生えている健康な歯を支えにして、橋をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

特徴

  • 1. 保険を適用しての治療が可能です。金属色のため見た目は良くありません。
  • 2. 入れ歯より、しっかり咬める傾向にあります。
  • 3. 入れ歯よりも、手入れが楽に感じます。ただし手入れが悪いと入れ歯より、歯を痛めます。
  • 4. ブリッジを入れるために両隣の歯を削ります。また、支えとなる歯には継続的に負担がかかるため、健康な歯の寿命を縮めてしまいます。

入れ歯治療を受けた後の注意点

入れ歯は保険適用のもの、保険適用外のものに関わらず、作製後は積極的に使用することで身体に慣れさせる必要があります。

自分の身体の一部としてしっかり使えるように、しっかりと“リハビリ”をする必要があるのです。
リハビリをして慣れなければいつまでも口に合わず、食事をうまく取ることもできません。

入れ歯を自分にぴったりと合ったものにしていくためにも、入れ歯作製後は積極的に使ってお口に早く馴染ませるようにしましょう。

ご予約・お問い合わせ
24時間受付!!


お気軽にお問い合わせください
WEB予約は24時間OK!!

お電話でのお問い合わせはこちらからお願いします!!