審美歯科

川越にある大東にし歯科

審美歯科も得意です。

ジルコニアオールセラミック「3Mラバァ」  

ジルコニアを使用した修復物は美しい上に強い強度を持ち割れないのが特色です。
今回は3Mメディカルのラバァを使用してみました。

シェードティキング時の写真です。
どこの歯が修復してあるかはっきり分かると思います。

口元の状態です。
極自然になじんでいます。
セラモメタル(メタルボンドポーセレン)にありがちな歯頚部の不自然さは皆無です。

オールセラミック「プロセラ」  

世界の審美歯科マテリアルをリードする「ノーベルバイオケア」の傑作「プロセラ」を導入しました。
今回は高強度セラミックの利点を生かした「ブリッジ」に応用しています。

完全審美修復とは行っていませんが、患者さんは大満足です。
完全必ずしも真ならず。患者さんのニーズを踏まえた治療をすることも大切です。
写真では見えませんがチタン白金加金の「消える入れ歯」を下顎に応用しています。
これは当院で開発したオリジナル入れ歯です。

プロセラもう一例

ブリッジではなく単独の歯の状態でのプロセラ適応です。
向かって右から2本目3本目4本目がプロセラです。

超超審美的ダイレクト修復 

4seasons

 

seaedgide

直接歯を作るなんて安もんの治療ジャン
などとおっしゃる無かれこの複雑なシェードを使い歯を口の中で再建するのです。

pict02431

 

4seasonscase2

↑強拡大でご覧になると
向かって左側から、二本目、三本目、五本目に
ダイレクト修復がしてあるのが、わずかお分かりになるかと思います。

実は、左から四本目だけが健全歯で他は神経が取ってあり黒く変色していました。
このケースでは通常前歯を四本とも削って「ラミネートベニア」として色を揃えるのですが
ここでは口の中で健全歯をスケッチして歯の色を揃える
つまりよい歯の色に他の歯を合わせるという離れ技を施しました。
左から四本目はまったくいじっていません。
健康な歯を削らずにすみました。
所要時間は三本修復して約2時間でした。

 

 

ダイレクトベニア症例2

こんな歯でした。

こんな風に修復します。

つまりこんな歯列が

こうなるのです

スマイルデンチャー

sinbi_p_03

当院で施術した実際の症例写真です↓

smiledenture

 

 

スマイルデンチャーは、最近有名になってきた、バルプラストという軟性樹脂を使った入れ歯です。


金属バネを使わないので、目立ちにくいという特徴のほか、とても軽く舌感の良い素材なので、いままでアクリルレジン、熱可塑性レジンの入れ歯が使えなかった方でも、違和感無く使用していただけます。

欠点としては、欠損の形によっては軟性という特性が裏目に出て使えないことがあるということ、修理がまったくできないということ、などがあげられます。

また,意外に癖のある素材で、いい入れ歯を作るには、特殊なノウハウが必要です。

ホワイトニング&ダイレクトベニア

shinbi4seasons

 

 

歯の変色および右上一番の再修復を希望されて来られた患者さんです。
右が初診時、左が現状、全周にホワイトニングをした後右上一番を4シーズンスダイレクトベニア修復を行いました。


このような不規則な色調の歯列はポーセレンラミネートなどでは修復しにくくダイレクトベニアで直接色を写していくのが一番きれいに仕上がります。


この患者さんはこの後矯正治療を希望され、現在治療中です。
このような逆周りの治療もダイレクト修復なら気軽に行えます。
なぜなら修正が自由自在だからです。

ホワイトニング&インセラム

この患者さんは真ん中2本とその向かって右隣がインセラム、その他の歯がホワイトニングという方です。
ホワイトニングが少し進んでいてインセラムがすこーし濃い色に見えます。
でも、ホームホワイトニングはタッチアップの加減でいくらでも白さが調整できますから、すこし放置して色が揃うまで待てばよいのです。

インセラム印象時です。

 

オールセラミック修復では完璧な歯冠形成技術と印象採得技術が必要とされます。
利用隣の歯には4シーズンスダイレクトベニア修復が施してあります。

セット時です。以前の不良修復物によりほんの少し辺縁歯肉が着色してしまって
いますがインセラム特有の明るい歯肉適合が得られています。

ちょっと古いですが アルミナオールセラミック インセラム

sinbi_p_01

 

 使用前                      使用後
インセラムはビタ社のオールセラミッククラウンの製品名です。メタルボンド冠に比べ反射の関係で明るい仕上がりとなり お顔の表情が明るくなる、とても良い歯冠修復です。

 

最近ではやや古いジェネレーションになってしまいましたが。 欠点は割れやすいことでした。もっとも当院では適切使用中の破折例は経験していません。
インセラムは全体がセラミックでできていますが、内部にガラスの塊からCAD/CAMで削りだしたコアが仕込んであります。

特殊なメタルボンドセラミック GES

GESshourei

内面に金メッキのしてあるメタルボンド冠GESです。
冠全体が明るくひかり、歯列との視覚的適合もとてもなめらかです。
オールセラミックでは硬すぎる、ハイブリッドセラミックではやわらかすぎるときに適応します。