川越 大東にし歯科医院では痛みの少ない歯科治療の研鑽をすすめ
患者さん皆様に当院の治療は痛くないとおほめをいただいております。
治療の怖い方は遠慮なくお申し出ください!

笑気麻酔は完全な無痛は得られないものの
痛みや恐怖感の軽減にかなり有効です。
当院では笑気麻酔のご用意がありますのでご希望の方はご相談ください!

 

当「川越市 大東にし歯科医院」では、しっかり歯を治して、しっかり生活したい、
と前向きに考えていらっしゃる方へのサポートとなるよう、
治療に際して痛みが少ないように常に心がけています。

 

電動麻酔機は無痛効果が不確定なため当院では採用していません。
が33Gの超極細針はご希望により使用しています。
また表面麻酔はすべての治療で多用しています。

抜歯をしなければならない場合まったく痛みを伴わずに抜くことはできない場合があります。

「痛みの少ない治療」は歯をしっかり治してこれからしっかり生活しようと
前向きに取り組まれる方が対象です。

痛くない治療についてのコメント

昨今笑気吸入鎮静や静脈沈静を用いて無痛治療をする、と言う宣伝を多々目にしますが、経験上笑気で無痛治療はできません。
また静脈鎮静は麻酔深度の調整が難しく、本格的な麻酔施設と麻酔医の常駐している施設以外で実施するのは危険です。
歯の治療は、通常決められた手順を丁寧に施術することにより、過剰な痛みは出ないはずです。
歯科医が経験不足の場合、治療が不必要に痛いと聞いたことがあります。
治療が痛くて仕方が無いのは、虫歯等をこじらせている場合もあります。

一般に日本人は歯を大事にしないので、虫歯を進行させてしまうため、治療が難しくなり治療が痛い、とますます歯医者が嫌になる
というジレンマに陥っている、とアメリカ人の歯科医が書いたコメントを読んだことがあります。
その先生によると。C3を超えたカリエスを完全無痛で治療するのは非常に困難とのことでした。

 

当院では、経験則と新型根管治療器の導入によりかなり進行した虫歯でも
痛みを少なく治療することに成功しています。

 

痛くない歯医者を実現するために。

 

一般に侵襲の大きな虫歯ほど、無痛に治療するのは難しくなります。
まずは早め早めの受診をお勧め致します。

 

——-無痛治療をするために気をつけていただきたいPOINT——-
■もう少し、もう少し、と痛みを我慢し、治療を先延ばしした歯ほど、麻酔が効きません。
■歯の痛みを避ける最大のポイントは虫歯にしないということです。
■また虫歯にしてしまった、としても小さなうちに治療してしまうことです。
  歯に穴が開いたような状態で放置しておかないことです。

どんな病気でもそうだと思いますが、こじれた、状態にすれば治りにくくなります。
——————————————————–

 

通常ほとんどすべての治療は、通方の麻酔で無痛に治療できます。
これは表面麻酔等も使用しており、熟練の麻酔注射の手技によっても痛みを軽減する工夫をしているからです。

いままでいちばん無痛治療が難しかったのが、根管治療時でしたが、
ジッペラー社のエンドマスターを導入してから、格段に無痛治療が達成できるようになりました。
重症の歯の治療に威力を発揮します。また、必要、ご要望に応じ、笑気吸入鎮静を行います。