機能矯正10代術前

口の結び方が不自然です。

鼻の穴も開いて見えます。

どうしたんでしょうか?

あっちゃらけの生え方です。右上3はかなり異所萌出してきています。

機能矯正10代術後

すっかり美少女になりました。

お口の中はどうなったかと言うと・・

若干ディープバイトフィニッシュですが今後の成長を考えてあえてこうしました。
もちろん一本も抜いていません。

機能矯正症例10代症例2

術前の状態です。

通常はここから歯が生えそろうまで待って治療をします。

機能矯正ではまだ残っている成長力を利用するため

直ちに治療介入します。

機能矯正10代症例2口腔内

口の中はこのような状態でした。

機能矯正症例10代2-2

とてもよくなりましたね!

機能矯正10代症例2-2口腔内

歯もきれいに並びました!

この後は成長に合わせ微調整を続けていきます。

機能矯正10代症例2-2笑顔

いいですよね!

機能矯正10代症例3

さてこの患者さん

機能矯正10代症例3口腔内

右下二番の舌側転移以外異常なさそうです。

これを抜いてしまえば問題なさそうで

親御さんも最初その後希望で見えました。

しかし状況を説明し費用も納得していただいて

機能矯正治療を実施いたしました。

機能矯正10代症例3術後

約二年かけて機能矯正治療を行いました。

お顔が明るくなっていると思いませんか?

これは機能矯正治療の成果なのです。

機能矯正10代症例3術後口腔内

舌側転移していた右下二番が歯列に入っているのがわかると思います。

ところが上の歯列もきれいにかみ合っています。

これは、治療にあたってまず上顎の骨格を拡大したために

下の歯を歯列に入れて大きくなったにもかかわらず

きれいにかみ合っているのです。

顔立ちが明るくなったのは上顎の拡大を

行ったために起こった良い影響なのです。

高校では男子のみならず女子にもとても人気のある

生徒さんとして活躍されたそうです。

機能矯正は健康な成長を促す実例です。(リアル「真広君」)

口唇の閉じ方が不自然でした。
この時点での機能矯正を選択されたご両親はたいへん懸命だったと言えます。

お口の中はさらに特徴的です。
前歯がかみ合わず口がいつも開いてしまっています。
前歯は生えてきたときにある切歯乳頭と呼ばれる部分がそのまま残ってしまってします。

横顔では下の顎が上の顎を飛び越えています。
分析してみると上顎骨発育不全であることが分かりました。

歯列を横から見るとかみ合っていないことがはっきり分かります。

機能矯正終了後

ごらんのように成長しました。
機能矯正装置とU-Archのみで治りました。小臼歯にはワイヤーをかけていません。
この写真は治療器具を外して半年後のものです。

口腔内はこんな感じです。
空隙ははがもともと小さいためにできたものですが歯列が乱れることなく閉じていっています。
機能バランスが取れているために歯列が安定しているのです・

側貌は大きく変化しました。
上顎がしっかり成長し下顎とのバランスが取れています。 通常成長は下額の大きさを増す方向で作用します。
もし機能矯正をしなかったらあのまま下顎が上顎を追い越して成長してしまったことでしょう。

歯列もご覧のとおりです。

機能矯正装置のみで終わったケース。

正面の顔貌下部です。
前突した歯をカバーするために唇が不自然です。
下口唇下部に窪みがあるのがわかりますか?
ここで上下切歯の隙間を埋めています。
放置すると下口唇が上下の前歯の間に入り込み前突がますます悪化それに下顎そのものも後ろに押し下げてしまいます。
当然機能不全がおこり全身の成長に悪影響があります。

この写真は前歯の前突具合が良く分かります。
非抜歯矯正で奥歯を強引に後ろに送り込みできたスペースで歯を並べるという手法もありますが なぜか「カッパのような顔」になります。
問題の本質を見落として小手先の業に頼れば必ずしっぺ返しを食います。

↓治りました。機能矯正装置を約一年半使用後です。

機能矯正装置を一年半使用しただけで改善しました。
小臼歯部の咬み合いが未完成ですがまだ小学六年ですから時間の問題で自然に咬んで来ます。

術後の正面顔貌です。口唇はしっかり閉じて不自然な力みも見られません。
健康な成長に不可欠な要素はそろいました。

写真の撮りかたの関係でちょっと分かりにくいですがきれいに改善しています。
歯にはまったく手をつけませんでした。

照れくさそうですが笑ってくれました。

バイオネーター

一見不正咬合と思えませんが良く見るとお口がぽかんと開いています。

斜め横から見るとその傾向がはっきり分かります。
おそらく口呼吸で風邪でよく診療をキャンセルする子でした。

歯列は狭窄歯列、過蓋咬合,いわゆるclssⅡdivisionⅠと言う状態です。

斜め横から見るとその傾向がはっきりつかめます。

2年半がんばりました。
U-Archを併用しきれいに治りました。

すっかり。いい感じのお姉さんになりました。
かわいい子を量産できる機能矯正は、私のお気に入りの優れものの治療です